2007年07月06日

パンもからだも取り過ぎにはご注意!?

パンを食べててこう思ったことないです?

「もっとレーズンが入ってたらいいのに」

もしくは

「(あんぱん)アンがもっと入ってればいいのに」



じゃあ入れみると?

哀れ・・・

発酵が上手くできずに

パン特有のフワフワした食感は失われ
まんじゅうのようになってしまいます。

この現象は体を診てても同じような事を感じます。

からだの診ていて

変なからだの歪み方・はり方がある人に

「薬など飲んでいますか?」と聞くと

「薬じゃないけど漢方薬なら飲んでいます」

という答えがよく返ってくる。

漢方薬にしてもサプリメントにしても良い物だと思う。

だけど

が大切だと思う

良い物でも取り過ぎれば母体(アンパンならパン・体なら体)に負担になってしまう。

さじ加減

大切ですね。
posted by ことぶき at 19:48| 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | パンもからだも!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月07日

パンもからだも水分にはご注意!?

パンを作るうえでこの季節の注意点は

「水分を少なめにする」

それは湿度が高いので粉が置いてあるだけで水分を含んでしまうからです。

それを考えないでいつもどおりの水の量で作ってしまうと、

でろーん 

だらーん

形が垂れた

見るからに重そ〜なパンになってしまいます。

そしてそれは体にも当てはまります!

今あなたの体が

「だる〜い」

「な〜にもしたくない」

「動くのが億劫」

「むくむ」

などの症状があるのでしたら多少水分を取るのを控えてみたらどうですか?

からだも口意外に皮膚からも水分を吸収しているので、自分が思っているよりも体に水分を溜め込んでいるかもしれませんよ

posted by ことぶき at 20:42| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | パンもからだも!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

パンもからだも緩めすぎにはご用心!?

最近暖かい日が続きますね。

これだけ急に暖かくなるとパン作りは大変です。

気温が上がるともちろん水温も上がるし粉の温度も上がる。

その状態で今までのように作ってしまったら・・・

捏ね上げた時の温度が高くなってしまう。

そうなると?

発酵のスピードと熟成のスピードがシンクロせずに見た目は膨らんでいるのに中身がスカスカのダレダレパンになってしまいます。


それはからだにも当てはまります。

やはりからだも気温が高くなってくると緩みやすくなります。

適度に緩むのは良いのですが、緩みすぎるのもまた問題です!

筋肉が緩みすぎると動いた時の衝撃がもろに骨にいくので運が悪ければ

グキッどんっ(衝撃)

となってしまうかもしれません。

だからこの時期

特に朝は筋肉が緩んでいるのでゆっくりと行動された方が良いですよわーい(嬉しい顔)
posted by ことぶき at 17:46| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | パンもからだも!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月20日

パンもからだも操られるはイヤ!?

まず
また明日、明後日とお休みしますm(__)m

そこで今日は長めに書きます。

気長に呼んでねるんるん


【パンもからだも操られるはイヤ!?】

パンって意外に繊細なんです。

そう聞いて

「あー そうなんだ」

で終わらないで下さいね。(笑)

「だけどフランスパンって固いじゃんか」

ぐらいに思ってもらえると後の展開がしやすいです。


そのフランスパンなんですが、見た目以上(?)に作るのには神経を使うんです。

なにせ水・塩・酵母と余分な物は一切入らないので工程の一つでも変なところがあれば出来上がりの味に直結してしまうんです。

そのパンですが
「痛い」とか「もうちょっと待って」とか言いません。

だけどちゃんと生きています。

それを常に意識していないと、仕事が忙しくなってきて
ついつい「物」扱いしてしまい工程の時間をずらしてしまったり、パンの形を作る作業を手荒くしてしまいやすくなります。

そうなるとやはり美味しいパンは生まれません。


そしてからだも同じで人に操られるとからだを壊してしまうことにりかねません。

例えばある法則を無視して腕もシャと持ち上げたりするだけでも体を壊してしまいます。

以外(?)に思うかもしれませんが体はあらゆる音や刺激に対して繊細に反応しているんです。

だから人の体を無闇に操ろうとするのは危険な事なんです!

しかし
この「からだリセット療法」は
からだの法則に則って手法を掛けていくので安全です。

そして
何よりもその法則に則って行うことで短時間・短期間で効果が出せるメリットが生まれます。

命あるものを操ろうとするとその時はよくても、のちのちとんでもない結果が待っているかもしれません。

それよりも活きいきできる場所を提供してあげたほうが想像以上の事が起こるかもしれませんね(笑)



posted by ことぶき at 19:57| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンもからだも!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

パンもからだも寝るのが重要!?A

発酵のつづきです。

このムクムクと成長(発酵)している大事な時に、時間が無いからといって次の工程に移ってしまったらどうなる?

それはまだまだ幾つかある工程に体力負けしてひもじいパンになってしまいますバッド(下向き矢印)

それって人も同じですよね。

仕事や勉強が忙しいからと睡眠時間を削っていたら良いパフォーマンスが出来なくなってしまうのとふらふら

からだは寝ている時に、元気な良い状態に戻そうと一生懸命働いています。

そうなんです!

働いているんです!!

だから
今からだに不調を感じている人は寝るのも仕事と思って最低7時間は寝てくださいね。わーい(嬉しい顔)
posted by ことぶき at 19:46| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンもからだも!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月31日

パンもからだも寝るのが重要!?@

からだが寝る。

これはそのまんまですね。夜寝る事ですわーい(嬉しい顔)

パンが寝る?

練るの変換ミスじゃない?

いやいやちゃんと「寝る」の方ですよ。

パンの寝るは「発酵」の事です。

パンにとって発酵は重要な工程の一つ。

「じゃあ何かやっているのか」
と言われても何もやってない。

パンが気持ち良い温度と湿度に保たれた所に置いておくだけ眠い(睡眠)

そうしておくとパン生地の中の酵母が元気になりムクムクとパンを成長させてくれます。

だけどムクムクと成長している時に・・・

つづく
posted by ことぶき at 19:42| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンもからだも!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

パンもからだも触りすぎにご用心!?A

そうなんです!ひらめき

『パンは生きているんです!』

だからやりすぎてしまえば生地は死んでしまうんです。ふらふら

それはからだにもいえますよね!

私がおこなっている「からだリセット療法」では一切、筋肉を押したり・揉んだりせずに体を治していくんです手(チョキ)

だからといって1時間も2時間もやってるんじゃありませんよ。

体に触っている時間は長くて20分ぐらいです。

そうでないと刺激が少ない「からだリセット療法」といってもやはり体に負担になってしまうんです。

そうしないとパン生地の絶好の『旨味』につながる、からだの『回復』ポイントを失ってしまうんです。もうやだ〜(悲しい顔)

パンもからだも触りすぎはだめですね。




posted by ことぶき at 19:20| 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | パンもからだも!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

パンもからだも触りすぎにご用心!? @

みなさんはパンを作るのをどのようにイメージしますか?

たぶんパン生地をコネコネしているのを想像しているんじゃないかな〜

それかパン生地をダーンダーンと叩きつけているのを想像していると思います。

どちらも正解ですよ。(笑)

だからといってコネコネすればするほど美味しくなるわけではないし、ダーンダーンとすればするほど大きくなるわけではありません。

どんな物にも適度というものがやっぱりあり、
やりすぎてしまえば生地は死んで、旨味も歯切れも見た目もみんな台無しな散々なパンに仕上がってしまいます。

じゃあどうすればいいの?

『パンは生きている』というのを忘れてはいけません!


つづく
posted by ことぶき at 18:43| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | パンもからだも!? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。